素早さと手軽さが魅力のキャッシング

自分の生活の中ではあまりお金を借りる必要がなかったのですが、

いざという時に資金を確保出来るルートを確保しておくことが

大切なことだということを先日学びました。

義理人情に縛られることなく、ビジネスとしてお金を貸し借り出来ることは

却って安心感を感じることが出来て都合がいいです。

これまでカーローンを農協で利用したことがあるくらいで、

他にお金を借りる事などなかったので

どういう段取りで手続が進むのかも知らなかったことが影響したのかもしれません。

急にある事情でまとまったお金が必要になりました。

親にお金は借りない主義をこれまで貫いて来ましたので、

なんとかして自分で都合をつけることを考えました。

会社に相談することは自分の首を締めることになりそうだったので

まず最初に考えたのは銀行の利用でした。

気軽にご相談くださいのお言葉に甘えて窓口に行きました。

融資窓口としての受付だったので一抹の不安を覚えましたが

この不安が的中してしまうことになります。

私が必要としていたお金は支払先が複数に渡り、

用途も別々のものが合わさったものでした。

融資を受ける目的はと聞かれたので一から順番に説明はしましたが

担当者の顔色は明らかに曇っています。

お金を借りるのに必要な信用条件は十分満たしていると思うのですが、

銀行のお気に召さないとどうやら貸してもらえない様子です。

さらに正式回答まで数日待って欲しいということだったので

その場で自分から話をご破算にしてしまいました。

銀行からの帰り道で目に入ったのがキャッシングサービスの看板でした。

ネット広告などでも見かけて会社名は頭に入っていたので

これは調べる価値はあると思い、帰宅後すぐにWebにアクセスしたところ

使途は問わず、最短即日融資が可能という素晴らしいサービスでした。

早速申し込んで待つこと1時間足らず。

メールで審査通知が来て、回答を見ると融資OKということでした。

単純明快で対応も早く、こんなに便利なサービスなら

銀行に行った手間が馬鹿らしく思えてしまいました。

フリーローンとしてならば利率も特別高い訳でもなく、

十分に資金調達先として有意義なサービスです。

翌日には確実にお金を手にすることが出来て安心出来ました。

キャッシングは実態として利用価値の高いよいサービスでした。

むじんくんを時々利用します

私は営業の仕事をしています。仕事でしばしば通る道路上にむじんくんのコ-ナ-があるのでとても便利です。
とても便利と書きましても、始終使っているわけではありません。
たまに使うだけです。急に1万円とか2万円いる時に役に立ちます。
そういうときが年に2,3回あります。もう一か所、むじんくんのコ-ナ-を知っていますのでそちらを使うことがたまにあります。
急にお金がいる時とは、急に飲みに誘われたときが殆どです。
飲むお金がないから行けないと断るのは癪ですから、そういうときはむじんくんへ行ってキャッシングをします。
利息の額は大したことはありませんが、給与やボ-ナスが出たらすぐにむじんくへ行って返済をします。
これからもアコムのカ-ドを大切に使いたいと思います。

農協カードローン

農協は農業協同組合の略称でゆうちょ銀行と並ぶ日本特有の全国区の金融機関です。

農協は基本的に農民の為の協同組合ですから、組合員に成らなければ農協の様々なサービスを受けることはできません。

従って、農協カードローンの略称であるJAカードローンの申込のポイントの1つ目は、組合員であるか准組合員に加入しなければならないことです。

農協の准組合員とは出資金1口5,000円を1口以上出資すれば准組合員と成ることができます。

そして、JAカードローンの申込のポイントの2つ目は、契約時の年齢が20歳以上70歳未満で前年度の年収が200万円以上の方が対象に成っています。

JAカードローンの申込のポイントの3つ目は他のJAカードローンに加入していないことと、JAが指定する保証機関の保証を受けられることです。

それらの融資条件をクリアしている方は、本人確認書類を持参するだけで申込手続は終了します。

早ければ即日で審査は終了し審査を通過した場合は、10万円~50万円の金額で年率10.1%の利率で融資を受けることができます。

勿論、JAカードローンも無担保カードローンですから、担保と保証人は不要です。

従って、個人信用情報機関に過去の延滞履歴などの記録が残っている方を除けば、様々な融資条件はありますが10.1%という低金利でカードローンを作ることができます。

地方銀行カードローン

地方銀行カードローンの申込のポイントの1つ目は、カードローンに積極的な一部の地方銀行や第二地方銀行の存在です。

地方銀行の経営環境もメガバンク同様に長いデフレ経済の影響で企業の資金需要が盛り上がらず、銀行の企業向け融資は伸び悩んでいます。

特に、地方に拠点を持つ企業の場合は、より不況の影響が強いと言えます。

そこで、地方銀行も個人への貸し出しに力を入れていますが、一部の地方銀行と第二地方銀行の中に無担保カードローンに特に注力している銀行が目立ちます。

それらの地銀はインターネットなどでその存在をアピールしていますから、インターネットで検索すると直ぐに解ります。

一部の地方銀行と第二地方銀行が無担保カードローンに注力する理由は、2010年の貸金業法改正による総量規制の導入と関係があります。

総量規制の導入によって年収の1/3以上の借入残高を抱える顧客は、総量規制が適用される信販クレジット会社のカードローンや消費者金融会社のカードローンから実質的に締め出されました。

そこで、総量規制が適用されない一部の地方銀行と第二地方銀行は、それらの締め出された顧客の受け皿を狙っています。

従って、一部の地方銀行と第二地方銀行は新規のカードローンの申込者は勿論のこと、おまとめローンを1つの戦略として強調しています。

つまり、信販クレジット会社のカードローンや消費者金融会社のカードローンで多重債務に陥った層の取り込みを狙っています。

地方銀行カードローンの申込のポイントの2つ目は審査の問題です。

つまり、一部の地方銀行と第二地方銀行の無担保カードローンの審査は、銀行のローンの審査ですから簡単ではありません。

また、過去の返済履歴や支払いに問題が有った人はもちろん論外です。

しかし、例え多重債務の状態に陥っていても、毎月の収入と支払いのバランスが取れていれば審査を通過できる場合があります。

従って、銀行という名で尻込みすることなく、一部の地方銀行と第二地方銀行は狙い目と言えます。

メガバンクカードローン

メガバンクカードローンの申込のポイントの1つ目は審査が最も厳しいということです。

3大メガバンクは文字通り日本で最も規模が大きい3大銀行に他なりません。

従って、預金量も融資金額も顧客の数も日本最大規模であることは間違いありません。

現在、長いデフレ経済の影響で企業の資金需要が盛り上がらず、銀行の企業向け融資は伸び悩んでいます。

そこで、個人への貸し出しに力を入れているメガバンクですが、無担保カードローン分野も例外ではありません。

つまり、メガバンクとしても無担保カードローン分野は伸ばしたい分野であることは間違いありませんが、だからと言って審査を甘くする様なことはありません。

行内では利益を追求する厳しい姿勢が貫かれており、審査を緩めてまでカードローンを伸ばすという考え方は無いからです。

特に、勤務先や勤務先での地位と年収が重視される傾向が強いと言えます。

ポイントの2つ目は最新のシステム対応でスピーディーな対応をしていることです。

例えば、メガバンクの窓口での入出金や振込みは長蛇の列で、曜日によっては1時間も待たされることはザラです。

一方、ATMの台数は増やされ待ち時間も少なくて済みます。

つまり、振込みや入出金の顧客は人手の掛かる窓口からATMに誘導している訳です。

同様にカードローンの申込もインターネットからの対応に注力しています。

と言うのも消費者金融会社と違い、窓口でのカードローンの担当者はメガバンクの大支店でも数人しかいません。

つまり、窓口でのカードローンの申込は非常に時間が掛かります。

従って、メガバンクでカードローンを申込場合は、インターネット経由の申込をお奨めします。

申込のポイントの3つ目は、必要書類をきちんと準備することです。

やはり、相手はメガバンクですから、本人確認書類・前年の収入を証明する書類・勤務先や勤務先での地位を証明する書類などを準備すると審査がスムースに運ぶことは間違いありません。